2015.07.09.接遇実技テスト

今週はいろいろイベントが目白押しです。

昨日は1年生のコミュニケーション特論の授業の一環で、
接遇実技テストが行われました。
『何じゃそりゃっ?』っていう方も多いかと思いますが、
要するに、はじめてあう患者さんと関係性を築いていくための練習として、
患者さん役の人に対してシミュレーションをします。

まずは、第一印象!!身だしなみからチェックされます。
この日のために1年生は髪を切って・・・
女子は髪のまとめ方も先生に相談して・・・
ユニホームはアイロンをかけて・・・
学生として、患者さんの前に立つときの心構えを初めて意識する時です。

患者さん役は、先週まで病院実習に行っていた4年生が協力してくれます。
みんな、頼んだぜ!!
imagea.jpg

1年生の教室では、試験を前にちょっとそわそわ・・・、
資料を見返して流れを確認したり、
自分のやることをもう一度イメージしてみたり、
落ち着かない感じね。
image1.jpg


さあ、テスト開始。
image3_201507090956557da.jpg

入室して挨拶し、自己紹介、それから質問タイムです。
メモをとりながらも、きちんと相槌したり、
目を見てお話し・・・できてるかな???
image4_201507090956574ed.jpg

このあと、個々に課題もあります。
別室の先輩に指示されたことを、先生に正しく伝言できるか・・・、
先輩が扮する患者さんの訴えや行動にどう対応するかなど・・・。

いずれも、先週まで実習先に4年生は当たり前に行ってきたこと。
でも、最初はだれもが初めての事だもんね。
ドキドキして、上手くできなかったこともあるかもしれないけど、
終わってからは、ちゃんと先輩が良かったところや、
なおした方がいいところをフィードバックしてくれます。
image5_20150709100143250.jpg

4年生も改めて自分を振り返るいい機会になっているんじゃないかな。
image6_20150709100145f46.jpg

1年生は、このあとお礼状を書いて、先輩にチェックをしてもらい、
レポートを提出して終了予定

これから実習に行くたびにお礼状を書くことになるから、
練習しておかないとね。

<あい>

コメントの投稿

非公開コメント